検索
  • たまぱし

なろうに慣れよう

この業務に携わっていると、少なからず昨今のアニメ事情を

理解していないと難しい物なのです。


私がよく知ってるアニメは、涼宮ハルヒの憂鬱あたりでしょうか。

京都アニメーションが作画会社というイメージではなく

”良質なアニメを作る会社”という認識を得始めた時期です。


最近だと、いわゆる”なろう”系の種類が増えてきましたね。

最近このジャンルにて話題に上がる、”若者の現実離れ”なんてのが

言われますが、それは置いておいて内容として語るべきなのかも。


さて、契約させて頂いてるAmazonプライムの評価では

全体的に☆2~☆3くらいが妥当な評価のようです。

慎重勇者だけはちょっぴり高いみたい。

2年くらい前の作品の評価と比べるとちと落ちたように感じますネ。


どうも、似た作品が多すぎて、一番人気の”なろう”作品の評価を

基準にした採点になっているのが原因かなと思います。


例えば、タイムリープ系みたいな作品は、一時期”シュタインズ・ゲート”と

よく比較されました。ちょっとホラーチックや推理だと”ひぐらし”だったり。


現在は、少々同じ系統の作品が同時期に放送しすぎな気がしますネ。

”なろう”で一番人気と比較されて、その劣化版と評価されてしまう作品が

たくさん出てしまうのも仕方ないのかなと思います。だって数が多いもの。


(・・・日常系アニメ過多な時期も実はあったのですが・・・)


最近、ジャンプ漫画も結局”なろう”でしょ?なんて極論も聞きます。

実は血統が、実は隠れた素質が・・・というやつです。

結局、そこに至るまでのプロセスの筋が通っていれば作品は面白いので

正直一緒にするのもあれなのかなと思います(当然”なろう”にも言えますが)


死んだ→起きた→異世界→ステータス画面が出る→なぜかレベル999!という

テンプレは個人的にはあまり刺激されません。(最初に考えた人はすごいね!)


世界での人気のなろうは現状は”ソードアートオンライン”が一強ですね。

なんだかんだ息が長い作品ですし。

ただ、どうにもメインヒロインのアスナよりも、ユウキの方が人気の気がします。

割と金髪キャラとかが人気の海外だと、黒髪キャラが人気なのはレアですネ。


ではでは。

2回の閲覧

-不定期更新:良い事ばかりとは限らない-