検索
  • たまぱし

なろうに慣れよう

この業務に携わっていると、少なからず昨今のアニメ事情を

理解していないと難しい物なのです。


私がよく知ってるアニメは、涼宮ハルヒの憂鬱あたりでしょうか。

京都アニメーションが作画会社というイメージではなく

”良質なアニメを作る会社”という認識を得始めた時期です。


最近だと、いわゆる”なろう”系の種類が増えてきましたね。

最近このジャンルにて話題に上がる、”若者の現実離れ”なんてのが

言われますが、それは置いておいて内容として語るべきなのかも。


さて、契約させて頂いてるAmazonプライムの評価では

全体的に☆2~☆3くらいが妥当な評価のようです。

慎重勇者だけはちょっぴり高いみたい。

2年くらい前の作品の評価と比べるとちと落ちたように感じますネ。


どうも、似た作品が多すぎて、一番人気の”なろう”作品の評価を

基準にした採点になっているのが原因かなと思います。


例えば、タイムリープ系みたいな作品は、一時期”シュタインズ・ゲート”と

よく比較されました。ちょっとホラーチックや推理だと”ひぐらし”だったり。


現在は、少々同じ系統の作品が同時期に放送しすぎな気がしますネ。

”なろう”で一番人気と比較されて、その劣化版と評価されてしまう作品が

たくさん出てしまうのも仕方ないのかなと思います。だって数が多いもの。


(・・・日常系アニメ過多な時期も実はあったのですが・・・)


最近、ジャンプ漫画も結局”なろう”でしょ?なんて極論も聞きます。

実は血統が、実は隠れた素質が・・・というやつです。

結局、そこに至るまでのプロセスの筋が通っていれば作品は面白いので

正直一緒にするのもあれなのかなと思います(当然”なろう”にも言えますが)


死んだ→起きた→異世界→ステータス画面が出る→なぜかレベル999!という

テンプレは個人的にはあまり刺激されません。(最初に考えた人はすごいね!)


世界での人気のなろうは現状は”ソードアートオンライン”が一強ですね。

なんだかんだ息が長い作品ですし。

ただ、どうにもメインヒロインのアスナよりも、ユウキの方が人気の気がします。

割と金髪キャラとかが人気の海外だと、黒髪キャラが人気なのはレアですネ。


ではでは。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

狼と香辛料、そして文化の変化

STAY HOMEといいますが、びっくりするぐらい海外取引が回復しませんので (飛行機動かないんですもの)家でやる事と言えば雑務と国内向けのお客様の 買取商品の販売くらいな物なのです(メイン業務でありますが) あんまり大したことじゃないんですが、なぜ海外だとケモナーの需要が中々 高いのでしょうか。 私がまだ本当に若い時、猫耳ブームっていうのがありました。 最近は随分廃れたというか、落ち着いたと思い

日本郵便の海外郵送向けへの対応について

いわゆる同業者向けのお話ではございますが。 現在ほぼ全世界に対して、日本郵便は海外郵送の対応をストップしております。 それは仕方のない事なのですが、私が唯一腑に落ちなかった所は 停止命令を出した以前の荷物を、我々顧客に一切連絡をする事なく 近隣の郵便局で1か月以上に渡り止めている状態である事です。 引受停止後に無理やり請け負いをさせて止めているならともかく お金だけは払わせて、国際交換局へすら送っ

ざっくり聖剣伝説3

聖剣リメイクでましたネ。 つまるところ、私としてはリースを使いたかったのですが 何かこう、10数年の月日は、「あれ、何かこのリースチガウ??」 という、違わないのに違う気がしてしまう、ファンが理想のハードルを 上げすぎた結果、何か使うのを躊躇してしまったのでした。 というわけで、デュラン、アンジェラ、シャルロットにしました。 とりあえず基本的な部分はクリアしまして。面白かったですね。 聖剣3が売れ

-不定期更新:良い事ばかりとは限らない-