検索
  • たまぱし

カナダの書留事情

先日カナダのお客様宛てへの商品を手続きしたのですが

カナダは我々にとって大変困ったお国なのです。

ご存じの方も多いのですが、理由は書留記録がつかない事。

その為、善意な心持ちのバイヤー様であれば良いのですが

いわゆる悪質バイヤーさんは、届いてないという名目で

返金処理を申請してくるのです。


ただし、これを聞いて「なんて悪いやつだ!」と思う方もいる

とは思うのですが、実際カナダは未着、紛失ケースが大変多く

実際に届いてないという方も大勢いるのです、尚更困りものですね。

届いてないと言われて、証明も取れないとなると、こちらとしては

返金、または同じ商品を再送するしかない。

そして大半のバイヤー様は、返金後に商品が届いても届いた事を申請

しません。


そんな感じで、実は日本の結構な数の商店さんは、カナダへの配送は

行わないという方が多いのです、隣のアメリカはちゃんと届くのにネ。


※理由としては、受け付けるCANADAポストの人員と、業務量の割合が

整っていないようです。ちょくちょくストライキもございますね。


最近になって、e-packet-liteという配送方法に関しては書留がつくように

なったようで。こちらはSALというシステムに書留がくっつくタイプの

配送方法でございます。


配送スピードはEMS>>航空便>>SAL、配送中の破損リスクは逆になります。

つまりSALが一番壊れやすい。危険なのですが証明するにはこれしかない。

EMSは平均送料が3,000円なので、あまり多用はできません。

(お客様が希望すれば当然そうしますですヨ)


とはいえ、こちらを見て頂いてるお客様がカナダに荷物を送るとしたら

家族が留学・・・とかそんな理由かと思います。


もしそんなことがある時は、基本的には相手に頼まれた荷物だけにしましょう。

食品や電化製品、電池入りの物を入れると、関税でストップ、ないし別途課税を

求められる可能性がございます、気を付けましょうネ。

ご家族に送る場合はEMSが一番安心安全です。


高いんですよねぇ。


ではでは


たまぱし

1回の閲覧

-不定期更新:良い事ばかりとは限らない-